お腹痩せをするためにウォーキングも始めてみましょう!

お腹痩せをするためにウォーキングも始めてみましょう!

VアップシェイパーEMS,

 

VアップシェイパーEMSは何もしないでもただ着けているだけで、お腹をスッキリと見せてくれる事が出来ます。お家にいる時もそうですし、外出する時にも着けてから出かける方も非常に多いです。

 

 

 

さて、そんなVアップシェイパーEMSの効果をさらに活かしていくためには、当然適度な運動も日常生活に取り入れて行く事が大切です!ただ、運動にも色々種類があり、筋力トレーニングのような無酸素運動、さらにはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動があります。

 

 

 

体力に自信があるのであれば、出来る限り2つの運動を取り入れて行くべきですが、ここ最近全然運動をしてなくてお腹もヤバいよーと言う方でしたら、まずはウォーキングからゆっくりと自分のペースで始めてみる事をおすすめします。

 

 

 

ただ、ウォーキングも適当に行えば良いと言う訳でもないんですよ!そこで、今回はウォーキングの正しい実践方法についてつらつらと書いていきます。独自で調べて私が実践をしている内容ですが、宜しければお腹痩せのための参考にしてみて下さいね。

 

 

ウォーキングを行うためのポイント!

 

 

背筋は伸ばして歩く

 

 

日本人の方の実に70%近くの人が、歩くときに背中が曲がって首が前に突き出てしまうようないわゆる猫背の状態で歩いていると言います。猫背のまま歩くと何がいけないのかと言いますと、まず腰が痛くなってしまう原因になってしまうんです。

 

 

 

腰が折れ曲がり、重心が取り残されたような形になりますから、負担がかかってしまうんですね。そうならないためにも、ウォーキングをする際にはきちんと背筋をシャキッとさせて歩くようにすると効果的ですよ!さらに背中をピンとさせる事で、お腹の奥深くの筋肉であるインナーマッスルを無意識の内に鍛えられるようになります。

 

 

 

VアップシェイパーEMSでもカギとなる筋肉ですよね。良い姿勢を取るのは思っている以上に難しく、最初の内はすぐに疲れてしまうかもしれません。ですが、苦しいながらも毎日少しずつでも継続する事で、いつか何も意識しなくてもピンと美しい姿勢が取れるようになれますので、頑張ってみて下さい!

 

 

なるべく大股で歩く事!

 

 

お腹痩せをするためにダイエットとしてウォーキングに取り組む場合、出来る限り歩幅を大きく大股で歩くようにすると効果的です。大股で歩く事で、下半身の筋肉がダイナミックに動かされますので、ダイエット効果も非常に高いんです。

 

 

知っていましたか?実は最短でお腹痩せをするためには、腹筋だけでなく足の筋肉を使うとさらに効果アップが見込めるんですよ!足の筋肉は体の中でも比較的大きい筋肉ですので、燃焼されるエネルギーの量もその分だけ大きくなるんです。

 

 

 

おまけに血液の巡りも良くなりますから、むくみ改善や便秘予防にもウォーキングは効果的なんですよ。

 

 

最初は無理しなくてもいいんです

 

 

お腹痩せをするためには、上の2点をしっかりとこなしていけば間違いなく実現可能です。体力に自身のない方は、歩き始めて数分程度で息がハアハア上がってきてしまうかもしれませんが、決して無理はしなくても大丈夫ですよ。大切なのは、毎日コツコツと継続していく事ですからね。

 

 

 

頑張って続けて行けばだんだん体力も付いていきますので、もっともっと長い距離を長時間歩けるようになるはずです。ウォーキングのポイントとして、背筋をきちんと伸ばして歩くと書きましたが、VアップシェイパーEMSを着けながら歩く事で簡単に良い姿勢をキープしたまま歩けるようになりますので、元々猫背体質だと言う方でも安心ですよ。

 

 

 

良い姿勢であればあるほど、ウォーキングの運動効果は高まりますので、VアップシェイパーEMSは、着るだけでなくさらにはウォーキングとしてもその機能を最大限に活かしてくれるはずです!